So-net無料ブログ作成

ICF-5900の使用頻度大!に、なりそう。。 [ICF-5900]

本日は、昼に若干時間の余裕がありましたので、ロッドアンテナでのラジオ聞き比べを実施。。
比較ラジオは
ICF-5900
RF-2800
DX-398
D92L
D48L
D96L
DE1103
DE1125
ICR-SW700
PL-600
E1-XM Ready
RADS711N
KK-S500
G5

以上14台を、R.Japan 15,195kHzで確認。
radio14.jpg


詳細は、書きませんが、5900や2800がノイズ感の少ない音でリスニングを楽しめる。。
すばらしいですね。当時の日本のブームラジオは。。確かに、操作性・安定感など最近のラジオはいいのですが、まったりモードになるには、5900や2800がいいようで。。。
一番の違いはノイズと音質ですね。。
5900_6.jpg
クレポリメイトで細部まで磨きました。。ピカピカで新品並みに???結構、美品になりました。。
nice!(0)  コメント(2) 

おなじみ5900 [ICF-5900]

5800にかわって、5900が知人宅よりやってきました。受信は問題が無いようですが、気になる部分があるということで、使ってみるとSメーターが動かない。。これはネットを調べてみると、よくあるとの書き込み。早速、分解を開始。
5900_1.jpg

前後はずしました。
5900_2.jpg

で肝心のSメーター。凍り付いているように固まっています。本来ならば、通電がなければ右端に針がいなければなりませんね。
5900_3.jpg

そこで、裏側の透明シールをはがし、ネジを回して、最良の動きの所で固定。
5900_4.jpg

作業時間1時間。元気にSメーターが動くようになりました。
5900_5.jpg

とりあえず、DE1125と2ショット。
1125_5900.jpg

こうやってあらためて5900を触ってみたりすると、良い受信機だと実感する。ノイズ感の少ない豊かな音質。

調べていきますと、まだまだ不具合がありますが本日はクレポリメイトでぴかぴかにまずは仕上げることで終了。たとえば周波数表示のメインダイアルギアが若干滑っているような。。こんなもの?

調整中、CT13ではなく、C113(CT13に見えた)を触ってしまった。。厳密には、C113の上の可変できるトリマー?を触ったようです。全バンド受信しても今のところなにもないですが、どうなることやら。。

ICF-5900に関しては、多くの皆さんのレポが公開されていますので、あえて詳しくは書けません。5800に比べ、やはり10kHz直読はいいですね。調整でほぼ正確に合っています。

すれすれのDXには厳しそうですが、普通に日本語海外放送を楽しむにはベストセラーだけあっていいラジオですね。
nice!(0)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。