So-net無料ブログ作成
検索選択

PL-600の異常動作 [PL-600]

昨日、充電池4本がフル充電にもかかわらず、液晶の電池ゲージが0に!電源は入り「Lo」表示にならないので、電池残量はOK。一度電池を外し、また再び入れてみるとゲージが1つだけ。。やはりおかしいので、PL-600の底面にあるresetスイッチを押したら、電池ゲージがフルになりました。。。やはり、先日電池無しで1日放置したのがいけなかったのか。。。しばらく様子を見てみる。。
nice!(0)  コメント(0) 

PL-600の電池 [PL-600]

2月18日に、CycleEnergyを入れて、ほぼ1ヶ月就寝ラジオ(毎日30分タイマー)で使用しているが、電池残量は写真のとおり。。。
pl600battery.jpg
まだ、最初に充電して入れてから、一度も電池を再充電していない。。。いつまで持つのだろう?単純に0.5×30日で15時間。。残量はフルの位置。。。何か間違ってない??
nice!(0)  コメント(5) 

TECSUN PL-600 (6) [PL-600]


TECSUN PL-600を中心に、ここ数日使用してきましたが、巷ではいろいろ言われているようですね。

550を使用していて購入された方も多いのではないでしょうか?私はPLシリーズを持っていませんから、旧との比較はできませんが、中国本土の価格から考えてこんなものじゃないかなとは感じます。

SSBの音質等は、昨晩も何度もアマ無線を受信し明瞭さが上がる方法がないかとチャレンジしていましたが、やはり、DE1103とSSBで比較しますと、DE1103のほうが明瞭さは勝ります。PL-600は少々歪がち。。ただ、ゼロビート(と言うのが正しいかどうかは別として)がほぼ+-のセンターに近いですし、AFN GUAMのSSBでもほぼセンターなので、周波数ズレはあまりないようです。(私のS500は個体差のせいか数Khz下にずれています。)

感度に関しては、ワイヤーアンテナ程度のパッシブ系を条件良く接続すれば、他の通信型受信機で通常受信できたものは何とか聞こえていました。DXとなると、結構きついです。これでE1のような優秀な同期検波がつけば、明瞭度は上がるのかもしれません。CRIや海外日本語放送など強力局はロッドアンテナで問題なく十分楽しめます。ただし、ALAなどの高ゲインのアンテナでは通常のラジオと同じように、飽和してしまいます。




まあ、発売当初ですし、これからユーザーの声で、改良していくのでしょうね。海外モデルですから、なかなかロット等の情報が入ってきませんので、買いのタイミングはよくわかりません。現在、大きなバグも見られないようですが、今後も、中国の掲示板やYahooGroupなどこまめにチェックをしていきたいと思います。




SYSTEM SETの裏技探しに昨晩はチャレンジ。。しかし、結果は、言われているように、0,3と2,2以外は見つかりません。基本的に、3,4,6,9から始まる数字は、反応しません。また、0からはじめても、設定のない数字は-のままで、これも反応しません。反応する頭の数字0,1,2,5,7,8でマニュアルに載っている以外の数字は入力できません(03と22は除く)

たぶんこれは、すでに皆さんが試された結果、03と22がSYSTEM SET出来ると掲示板で公表されたと思われます。


nice!(0)  コメント(6) 

TECSUN PL-600 (5) [PL-600]


ALAとの接続について。。。

やはり、ラジオであるが故にALA接続は過入力になりますが、おかしな現象に。。



PL-600には、アンテナゲインが写真のように、DX,NORMAL,LOCALと3つ選べますから、当然、ALAからの入力は強力なので、LOCALを選ぶことになる訳ですが、このLOCALを選んだときが一番イメージで訳わからない状態になります。DXにするとイメージが消えます。つまり、本来の受信局がイメージに勝つ印象です。面白い。普通は逆と思います。。。私の認識が違っているのでしょうか?






操作性で一番気になるのは、どなたかも指摘されていましたが、電源ボタンを軽くおすと、SLEEPで電源が入り、通常の電源ONはボタン長押しをしなければならない点、これは逆の方が使いやすい。。この感覚に慣れるまで時間がかかる。(写真は長押しして通常の電源ON)

液晶の感じがどことなくRP2100に似ているので、通常使用では違和感はないです。ダイレクトキーでの周波数入力は非常に使いやすい。

ボタンのタッチ感は私の所有しているラジオの中では、一番良いです。クリック感で選ぶならPL-600がいい感じですね。



メモリーは、P0ページが100、01-10が各50の全部で600ch記憶可能。しかし、最初P0チャンネルに短波をメモリーしてFM-MWがATSの自動メモリーを実行したら、P0ページの01から勝手に上書きされてしまいました。写真のメモリーはFM局で上書きされました。ページを切り替えて01ページに短波を書き込まなくてはだめでした。この辺りはマニュアルからでは分りにくい仕様ですね。(写真にデジカメが反射して写ってしまいました;格好悪いですね、、すみません)




20mLWを繋いだほうが、いい感じで受信できます。LWを繋げばRRIやPNGも聞こえてきますから、特に感度が悪い印象はないですね。まあ、普通に使用する短波ラジオとしては、SSBの音質を特に気にしなければ、問題はないようです。この価格帯で買うことの出来る短波ラジオは非常に多いですからどれを選ぶかは好みですね。PL-600は表記が英語なので、取っ付き易いことは確かです。いまのところ不具合は出ていません。(←私にとってこれが一番重要だったりする。。)




我が家の就寝ラジオはS500に代わってPL-600に決定しそうです。。^^


nice!(0)  コメント(0) 

TECSUN PL-600 (4)裏技? [PL-600]


PL-600のエアバンド表示周波数と、実際の受信周波数の関係がわかりました。

表示周波数 121.450MHz 実際の周波数 9.760MHzということがVOAで確認できましたから、以下の通りです。

表示とは111.690の差です。

つまり118.000MHzは118.000-111.690=6.310MHz

137.000MHzは137.000-111.690=25.310MHz

となることがわかりました。正比例です。実際には6.130MHzから25.310MHzが受信できることになるわけですね。

ただし、FASTを選択すると、0.025MHzステップとなり、SLOWで0.001MHzです。SSBモードにはなりません。AR7030+で周波数かえながら、6M帯及び9M、11M帯の各放送局で確認しましたから、ほぼ間違いないです。

で、この前の記事の、125.350MHzは-111.690MHzで13.660MHzのラジオジャパンになるわけですね。




この裏技(0,3)では、エアバンド表示ですが実際には短波受信になることがわかりました。また、SYSTEM SETに関して、マニュアルには、系統碼説明表に書かれている数字は、00,20,25,50,09,10,28,29,55,76,87,88で、数字に意味を持ったものがあります。例えば09は中波を9KHzステップで、10は中波を10kHzステップに設定する意味を持った数字です。03というエアバンドを表示する数字が実際には受信できない周波数でありましたが、その他、いろいろ時間のあるときに試すと(完全に自己責任になりますが)面白いかもしれません。私は、取りあえずやりません。暴走すると困りますから。裏技は自己責任の世界ですので、あまり試さない方がいいかも。。しかし、もう一つ裏技コマンドとの組み合わせで本当に、その周波数帯が受信できるようになるといいのですが、、、どうやらなさそうです、、、




また、普通に使ってレポいたします。SYSTEM SET ,0,3,SYSTEM SETを押してOFF表示にしました。これで、AIRバンド表示は消えました。




しかし、こうやって試してみると、中国の掲示板のPL-600=PL-550+SSB、PL-650=PL-550+AIRBANDという書き込みが妙に信憑性をおびてみえてくるのは、気のせいでしょうか?

真偽はいかほどに。。。。


nice!(0)  コメント(2) 

TECSUN PL-600 (3)裏技? [PL-600]


Kさんの情報を元に、PL-600の裏技を試してみました。電源OFFの状態で、SYSTEM SETで03を入力。すると、FM-MW-LWの次にAIRが現れる。確かに飛行機マークと文字が現れます。



しかし、受信しているのはどうやらAIRバンドではなさそうです。。。



125.350MHzで、ラジオジャパンが受信できます。モードは音を聞いてAM。確かに航空無線はAMですからいいのですが、肝心の123.7MHz,125.7MHz,133.5MHzの東京コントロールに合わせても、東京コントロールは聞こえてきません。

PL-600の表示周波数は、118.000MHz-137.000MHzを表示しますが、実際の受信周波数と違うようです。125.350MHzで、ラジオジャパンを受信しましたから、表示周波数と実際の周波数の相対表を作らないとどうなっているのかわかりません。しばらく受信してみます。この続きは、しばらく聞いてみてからレポします。


nice!(0)  コメント(0) 

TECSUN PL-600 (2) [PL-600]


昨晩、サラッとですがマニュアルを読み、実際に受信をしてみました。まだ、比較はしていませんが、PL系をはじめて使用しますので、間違ったコメントになるかもしれませんが、お許し下さい。また、個体差もあるかもしれません。まず、一番初めに書きたいのは、SSBです。




一番おしいと思う部分は、売りのSSBですね。使う気になれません。アマ無線やAFNGuamなど有名どころを、聞きましたが、音声が不明瞭。また、BFOは調整幅が大きすぎて、センターより、ほんの数ミリ程度で音が明瞭になるポイントがあり、まだたくさん回せますので、+-の幅が大きすぎる感じがします。DE1103のほうが良い感じです。まだ、1日なので使い方が悪いのか?もしれませんが、SSBは今のところ全く使う気になりません。




ノイズに関して、結構、本体が至近距離にあるもののノイズを拾います。パソコンなど。これは、正直閉口します。外部アンテナをつけても強力局はいいのですが、微弱局を受信するときは、パソコンの電源を落としました。。; しかし、すこし離せば(1mほど)問題はありません。




外部アンテナ接続に関して、ALAを繋げたところ異様な現象が出ました。この件は、あとで。。




昨晩は、お休みラジオとしてS500のかわりに使いましたが、S500に比べ、寝床で受信できる局が多く(アンテナはどちらも外部で梱包の引っ掛けて使う、くるくる回して巻き取るタイプのやつです)、受信性能はS500に比べるとよいようです。というか、私のS500が個体差で悪すぎます。。(PL-600が就寝ラジオになりそうです)


nice!(0)  コメント(4) 

TECSUN PL-600 (1) [PL-600]


本日は、休みでしたが、子どものMR撮影のため病院にいました。その後、知人宅へ伺い、PL-600を受け取りにいってきて先ほど帰ってきました。





大きさは、DE1103より一回り大きいですね。



電池は、Kさんのブログのようにエネループを使おうと思いましたが、会社は違いますが、手持ちの同じような放電の極めて小さな、CycleEnergyを使用します。(1000回充電可能)これは、たぶんエネループと同じようなものだと自分で解釈。違うかな?



これからゆっくりと他機種と比較をしてみたいと思います。今度は、不具合のないことを祈ります。。


nice!(0)  コメント(8) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。