So-net無料ブログ作成

DTS-10その後 [DTS-10]

使用して1週間が経過。
ALAとの接続、ロングワイヤー、ロッドなど
いろいろなアンテナ接続を試してみた。

ALAをつなげば、そこそこ聞こえるようになるが
DX-398やE1と比べると明瞭度が劣る。
パソコン等の外部ノイズの影響を受けやすいように感じる。

価格相応だが、大きめの筐体・スピーカーのおかげで
定番局や中波を聴くには、よい印象。
局名を入れられるので、使っていて楽しい。

大きさで競合するRP2100より後発であることもあり
日本での購入が簡単になれば
この大きさのラジオとしてRP2100の座を奪うかもしれない??
と思う。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Anjan DTS-10 について [DTS-10]

6月30日に、ebayで購入したAnjan DTS-10 が7月10日に到着した。

DTS10_hako.jpg
箱はぼろぼろ。。。(中が心配)

DTS10_nakami.jpg
とりあえず破損なし。。やれやれ

でも、EMSの追跡メール来なかった。。どうなの?

で、電源オン。
DTS10_00.jpg
乾電池(単1を4本)で作動。アンテナはまず、ロッドで。。メーター振れはCRIにしては弱いが、振りすぎるのもどうか。。このメーター表示は、正しいのだろうか???

DTS10_01.jpg
斜め上から見ると照明の透過ムラが良くわかる。使用上は問題なし。

DTS10_02.jpg
放送局名が入れられる(メモリーですが。。)e1などより入力は楽。10キーにアルファベット文字が割り振られている。見た目も、右下に周波数が表示されているのでいい感じ。

DTS10_03.jpg
フィルターはワイドとナロー切り替え。ナローで4~5kのような感じで、ワイドは8~10kのように感じる。ワイドは寛帯、ナローは窄帯の表示。。(発音わからん) しかし、この中国フォントは独特。。隷書体かぁ????

DTS10_04.jpg
その右側にバンド切り替えがあるが、左から周波数が高い順。調頻(FM)・短波・中波・長波。

ちょっと受信した感じでは、長波の感度がKchibo S500あたりと比較して、DTS-10のほうが悪く。R.Rossiiが良く聞こえなかった。これは、操作が悪いのか??

31mバンドの内蔵ロッドでの受信(夕方)を動画にしてみた。FAST(5kステップ)で選局しています。SLOWですと1k。


まあ、普通に聞こえる。DX能力は、これから詳しく調べてみる。初日は、良い印象はなく、DXには難しいと感じた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。