So-net無料ブログ作成

PL-880(2) [PL-880]

LWについて、ON/OFFを長押しによって変更できるのですが、
写真 1 (1).JPG
LWを当初どうやって選ぶのかわからなかった。LWをセレクトするスイッチが無い!
AMボタンで切り替えるのがわかるまで時間がかかった。。
写真 2 (1).JPG

さて、隠しメニューが皆さんによっていろいろ解析されていますね。

PL-880隠し機能:

USB / LSB選択可能同期検波
ミュートしきい値を調整する
DNR機能を有効にする
ファームウェアのバージョンを表示する
FMのディエンファシスを調整する
ライン出力レベルを変更
クロックに秒表示の追加
中波のキャリブレーション

これらの機能がなぜマニュアルに掲載されていないのかわかりませんが、
これら機能を使用することによって相当なアドバンテージを持つと思われるのだが。

特に私が気になったのはSSBでの安定感。個体差かもしれないが、アマ無線などを受信していると気になる。
時間によって表示が百ヘルツ台でずれが生じている。
0ボタンの長押しで校正しても、次にスイッチを入れたときにずれていたり。まあ、こんなものかもしれないが。
この種の書き込みが他では見られないので、個体差なのかもしれない。

いずれにしても、このTL-880は他のポータブルラジオにくらべ、サイズの割に非常に音質もよく(スイッチ入れた瞬間に、ほぉ~っと声が出そうだった)、同期検波も隠し機能で使用可能で、フィルター幅も選択でき、外観の仕上がりがよい。

PL-880については、皆さんがしっかり書かれていますので、私はこれ以上は機能について書きませんが、受信比較を中心に今後楽しんでいきます。

これは、最近のベストポータブルかもしれない予感がします。

ただし、やはりというかALAからのダイレクト入力では、さすがに過入力で、お化けがでましたね。
アンテナゲインをLOCALにすれば、大丈夫ですね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

PL-880 (1) [PL-880]

このPL-880は最新だけあって、質感は実にいい。まあ、価格も上がってますがら。。。

まず底面のゴムで、立てたときの安定感が向上しています。
写真 1.JPG

FMの周波数は自分で選べるようになってるのがグッドですね。マニュアル記載なので裏技でないところもグッド。
1番のFMSETの長押しで選択できます。
写真 2.JPG

eスポでのロシアFMを聞きたいので、64MHz~108MHzにしておきました。
写真 4.JPG
写真 5.JPG

次回は、LSB、USB。アマ無線もよく聞こえてよいのですが、ちょっと残念な部分もありました。
この次にゆっくり書いていきます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

PL-880到着 [PL-880]

12月7日についついポチってしまったPL-880が到着しました。

写真 1.JPG
到着は12日でしたので実質5日間。ebay使うときのPaypalは、英語で名前と住所を登録したほうが楽です。
漢字に慣れていない方でも、すぐにshippingに入れるような気がします。いままで、配送のトラブルは無いですから。

写真 2.JPG

小さな箱が別添しており、そこにUSBアダプターが入っていましたね。

写真 3.JPG

そしてS2000でも見た強大な操作説明と裏面が世界地図の紙。当然、英語の小さなマニュアルはありますね。

写真 5.JPG

写真 2.JPG
ケースがついていてその中にラジオがありました。

下には、USB充電ケーブルと電池、イヤホン。
写真 3.JPG

写真 4.JPG
電池はリチウムイオン 容量は18,650とあります。

で、こんな感じ。
写真 5.JPG

PL-600とほぼ同じ。高さは若干PL-600が大きく、幅はPL-880が微妙に大きい。
重さは、PL-880のほうがずっしり感がある。
写真 3.JPG

写真 2.JPG

で、あんじゃんのDTS-10と比べると、DTS-10が巨大。
写真 2.JPG写真 4.JPG

全体の印象は、PL-600と比べると質感が大幅アップしている。
正統な進化をしている感じです。

これから機能面など受信性能はどうなのか、じっくり使ってみよう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。